Top > 劇団四季について

劇団四季について


オペラ座の怪人  劇団四季 ロングラン10周年記念キャスト(CD)

 

劇団四季といえば、「キャッツ」「オペラ座の怪人」などのミュージカル作品を浮かべる人も少なくないと思います。

しかし劇団四季は、1953年に結成された当初は、ミュージカル上演を目指したものではなく、フランスの劇作家ジャン・ジロドゥとジャン・アヌイの作品、ドラマ上演を目指しての結成でした。

劇団四季の創立メンバーは10人。1,000名を超える今の劇団四季の構成人数からすると1/100にすぎなかったわけです。この劇団四季創立メンバーの平均年齢は21歳、半年あまりの準備期間を経て1954年1月に『アルデール又は聖女』を初上演しました。

この年の公演回数は3作品、15回公演ということですから、まさにスタートは今の劇団四季の年間3,000回の公演回数と比べ物にならない小規模なものだったといえます。

しかしこの劇団四季のドラマ初上演は、当時の日本演劇界に新しい時代の風を吹き込み、同世代の多くの詩人や作家、音楽家などの共感と支持を集めたといわれます。

劇団四季の原点ともいえるジャン・ジロドゥとジャン・アヌイのドラマ作品は、今も息長く上演され、好評を得ています。

 メタボリック症候群  沖縄旅行の計画  沖縄のホテルの口コミ情報
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
劇団四季とは(2009年8月20日)
劇団四季について(2009年8月20日)
劇団四季の「キャッツ」の魅力(2009年8月20日)
劇団四季の「キャッツ」について(2009年8月20日)