Top > 劇団四季の「キャッツ」について

劇団四季の「キャッツ」について


【送料無料(一部地域除く)】(CD)「キャッツ」ロングラン・キャスト/劇団四季

 

劇団四季の代表作である「キャッツ」は、初演は東京で、1983年11月11日でした。「キャッツ」は、東京・西新宿に専用劇場である「キャッツ・シアター」という仮設劇場を設けられ、そこで演じられました。

劇団四季の「キャッツ」はミュージカルとしての魅力はもちろんのこと、「キャッツ」は、それまでの演劇界の流れを大きく変える画期的な演劇として今日位置づけられています。

まずは「キャッツ」が公演される「キャッツ・シアター」です。一つの作品のために専用劇場が用意されたのは「キャッツ」が初めてのことでした。また、日本初の本格的な欧米型無期限ロングランが導入され、オンラインシステムによるチケット電話予約方式が確立されたのもこの「キャッツ」によってでした。

劇団四季の「キャッツ」は、東京初演を皮切りに大阪、名古屋、福岡、札幌、静岡、広島、仙台などの拠点都市でロングランを断続的に続け、ついに2005年に6,000回の上演回数を突破。日本演劇史上最長記録を打ち立て、今なおその記録を更新しています。

 路線価  トゥモローランドのファミリーセール  トゥモローランドの通販
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
劇団四季とは(2009年8月20日)
劇団四季について(2009年8月20日)
劇団四季の「キャッツ」の魅力(2009年8月20日)
劇団四季の「キャッツ」について(2009年8月20日)